体を重ねるからこそ芽生える感情

考えてみてください。激しいキスを交わし、ただ性欲を解消するための運動であるせふれであっても、嫌いという感情があってするものではありません。どちらかといえば好意があるからこそ成り立つ体の関係がせふれです。そのような行為にヤキモチや嫉妬心を抱くなという方が難しいです。

嫉妬する理由

体を重ねるのですから、当然ヤキモチや嫉妬が芽生えるでしょう。この理由としては、セフレという要因が挙げられます。やはりセックスが良いからこそ相手を独占したいと願います。このような欲情がヤキモチや嫉妬を生んでいます。セックスから恋に発展する典型的な例になるでしょう。

そうならないためのセックス

ではどうすればそのような恋や独占欲を芽生えさせないようにするのかというと、そうさせないセックスをすることが大切です。特に男性はセックスをしているときに愛しさのあまり思ってもいないことを口にしてしまいます。果てそうなときに「好き」なんて口走る人も多いです。これは女性にも同じことが言えますが、極力そのような発言は慎みましょう。

ただでさえセックスによって感情が高ぶっていますので、そのような発言は誤解を生むことになります。また既婚者や恋人がいる場合は、その影を見せないことです。会話の話題に出してもいけません。セフレという関係上「彼女はこんなことしてくれない」なんて言ってしまうことがありますが、それも自分の背後に異性の影を見せていることになります。

独占欲が強い人をセフレにしないこと

せふれの関係にすると目星をつけたときに、相手がどんな人間であるのかをある程度は測りましょう。特に独占欲がありそうな相手をセックスフレンドや体の関係に持ち込むのは危険です。そのような危険察知力を身に着けてこそ、割り切り関係が成り立ちます。

相手の吐息に触れて、相手の肌に触れるのですから性欲以外の感情が芽生えるのは当たり前です。そのことを自覚してそれを出さないこと、そしてそのような関係にさせないことこそが本当のセフレという、互いに都合の良い関係になります。