自分をコントロールする気持ちを持つこと

恋は遺伝子に組み込まれている感情ですので、それに抗うことはできません。しかしセックスフレンドという関係には禁物な感情です。そのような感情が芽生えてしまった時は、せふれという関係が危うくなっているサインです。自分をコントロールすることである程度は防ぐことができます。

恋に発展したらそれは負け

セフレに対してヤキモチや嫉妬を抱くようになったら、負けという感情を持つべきです。そのような感情があってこその、割り切り関係でありセックスフレンドになります。あくまでも体の関係であることを前提にした付き合いであることを自覚しましょう。特に自分が既婚者やパートナーが居た場合、せふれを恋心として見てしまったあとの顛末は悲惨なものがあります。セフレに恋をしたら負けです。

セックスやセフレを誘う時も気を付ける

相手にそう思わせるからこそ、ヤキモチや嫉妬が生まれることを知ってください。セフレという関係であるなら互いに気を使うべきです。セックスのときの何気ない言動が恋へと発展させてしまい、その理由になります。セックスをしている最中に「好き」などと言葉を掛けてはいけません。好きという言葉をかけるのなら「セックスをする君が好き」という抽象的な言葉を掛けましょう。またセフレをベッドに誘う時も気を付けなければなりません。「会いたい」などは禁物です。相手はヤリ友であり、せふれです。独占欲を見せる対象ではありません。だからこそ「ヤリタイ」という理由や口実を使うのも、恋への発展を防ぎます。

好きになりそうなときが終わりのサイン

割り切り関係であることを互いに承知しているのであれば、好きという感情を抱き始めたら終りと思うようにしましょう。好きになりそう、独占欲が芽生えたという時は、自分から別れを告げることも大切です。

あくまでも統計的でそれは正しいとは言いませんが、セフレから真の愛の関係になるということは非常に少ないです。セフレから愛へと変わるときは、様々なトラブルを生む原因になることを知っておきましょう。