そのヤキモチの感情を分析しよう


体を重ねているのですからせふれであっても、ヤキモチや嫉妬を生んでしまいます。ヤキモチや嫉妬という理由を模索するのさえ不毛な議論です。裸になって性器を交錯させる行為になるのですから、恋のような感情が芽生えてしまいます。だからこそ、その感情を自分で分析するようにしましょう。

一時的なヤキモチ

その感情はどういったものなのかを自分で分析してください。セフレと体の関係であるけれど、最近独占欲が出るようになった、また相手がパートナーの話をすると嫉妬をするようになったと感じた時に一時的なものなのか?またそうではないのかをはっきりさせましょう。一時的なヤキモチや嫉妬という理由でそのような感情があればまだやり直せます。しかしそれ以外となるとちょっと考えなければなりません。

敵対心がある嫉妬は要注意

相手が既婚者、またはパートナーがいる場合、渡したくないといった独占欲が出た場合は、危うくなっている関係です。それはセフレという仮面を被った恋の相手です。奪略するようなことをするようになる前に対処しなければなりません。多くの方が知っているように、セフレの関係から愛へと変わるといろんなトラブルを生むことがあります。特に既婚者やパートナーが居る場合は、確実なトラブルになります。そのことは自覚しておきましょう。そう自覚することで防ぐこともできます。

セフレであることの自覚と対策

自分と相手との関係はあくまでも割り切り関係であることを自覚することが大切です。ヤキモチや嫉妬を抱いてしまう相手ではないと対策を取ることが大切です。互いにプライベートには踏み込まない、またそのような会話をしない、セフレの協定のようなものを結んで体の関係を結ぶのもひとつの対策です。

セフレという関係は危うさを持っていることが大切です。既婚者やパートナーがいればそのような関係は必ずトラブルになります。悲惨な顛末があることを少しでも自身で自覚することで、セフレ以上の関係になることを防ぐことができます。