せふれ相手にヤキモチをやいてしまう理由

セックスフレンドとして体の関係であっても、ヤキモチを妬いてしまうこともあるでしょう。ヤキモチを妬くような関係は、その後のせふれとしての関係が危うくなるということもありますので、しっかり対応することが必要です。自分自身であり、そして相手に対して対応を怠らないようにしなければ、ヤリ友としての関係はなくなり、友達どころかもう会わない関係になってしまうこともある厄介な問題です。

ヤキモチの理由

セックスをしている関係になりますので、その嫉妬という気持ちは当然の感情でもあります。特に女性は、セフレの関係は自分だけ見ていてほしいという独占欲が高まると言われています。またそれは男性であっても同じでしょう。その当然の嫉妬というものをうまく処理する必要があります。そのような感情は当然ですので、芽生えた時は対処してください。

相手にパートナーがいるならなおさら

たとえば相手が既婚者やパートナーがいるのであればなおさらです。少しでも相手に異性の影が見えてしまうと、その感情が芽生えてしまいます。特に女性は「自分がセフレとしての相手」ということを自覚するのは耐えられないという人が多いです。そのような感情からセフレの関係を解消するきっかけにもなります。男女に同じことが言えますが、セックスフレンドとして関係を続けたいのであれば、互いに異性の影を見せない、そして聞かないことを心掛けることが大切です。
それは他のサイトでも言われていますが、せふれ募集サイトなら基本的に同様のことが書かれていると思います。

ヤキモチと嫉妬のレベル

ヤキモチはかわいい、そして嫉妬は本気といった印象を抱かれます。これは文字にしてみてもわかるでしょう。割り切り関係であっても嫉妬してしまう人もいます。ヤキモチレベルであればそうでもなく「かわいい」という感情で対応できますが、相手が本気になるような「嫉妬」という感情を抱くようになるとセフレとしての関係が危うくなるきっかけです。

セフレという自覚

セックスフレンドであり続けるなら、その自覚を互いにするべきです。割り切り関係であること、友達でもあるけれどそれはせふれであることを互いに自覚することで、ヤキモチ問題は浮上させずに済みます。だからといってセフレの関係であることを、特に女性に言うというデリカシーがない行為を男性は避けましょう。

特に女性はわかっていても本気になってしまうことがあります。だからこそ男性の方が気遣い、奥さんやパートナーの影を見せないあくまでもセフレの関係であること配慮するセックスをするようにしましょう。「愛している」などの言葉を出さないことが大切です。